ご報告

私、来栖あつこは、かねてよりお付き合いしていた会社員の男性と、9月19日に結婚致しました事をご報告させていただきます。

本来なら、入籍日にご報告するべきではございますが、ちょうど結婚が現実的になったタイミングで「有吉反省会」からお声がけ頂き、番組のオンエアに合わせての発表となりましたので、大切なファンの皆さんや日頃からお世話になっております関係者の皆様へのご報告がこの場になってしまった我儘をお許しください。

1年2ヶ月の間、友人として接する中で彼の人柄に惹かれ、今年の夏からは結婚を前提にお付き合いさせて頂いておりました。

これからも、仕事もプライベートも、私らしさを忘れず邁進して参りますので、温かく見守って頂ければ幸いです。

簡単ではございますが、ご報告させていただきます。

来栖あつこ

===

と、かための言い回しはここまでにしまして・・・ここからは、私らしい言葉で書かせていただこうと思います。

彼との出会いは1年半前。

そこから、2か月に1度、3か月に1度くらいのペースでお仕事の話や共通の友人の話が出た時にメールをする程度の関係でしたが、定期的に集まる仲の良い女の子達との食事の際に彼が自然と仲間入りをするようになって、回を重ねる毎に、彼の素敵な人柄に気づかされ、私の中で「友達」から「気になる人」へとスイッチが切り替わりました。

“女子会メンバー”としてではなく、初めて“デート”をした時、最初に会った時から気になる存在だったと明かしてくれて、

「1年以上何してたのよ・・・。私はどれだけ寄り道したのよ。ここからは“巻き”でお願いします」

と、すぐにお付き合いをすることとなりました。

お付き合いが始まる時には

「年内に結婚するつもりでいるんですけど・・・」

という私に、

『半年以内に結婚なんて考えられないから、それはダメ』

と最もなご意見をくれた彼。

「ですよね。でも、できるだけ“巻き”でお願いします」

と、お互い楽しみながら、事ある毎にに私達は“巻きで”という表現を口にするようになりました。

これまでの人生で男性不信に陥る出来事もあったので、「最初にあった時から好きでした・・・なんて、今となって幾らでも言えるじゃないか」と思ってしまうのですが・・・私が出会ってすぐに彼に送った仕事関係の荷物に入れたキティちゃんのメモ紙まで大事にとっていてくれたことを聞き、実際名刺入れの中に大切に入れているメモを見せてもらった時には「彼は本当にあの時から好きでいてくれたのかもしれない。嗚呼、愛されているんだ」と痛感したのを覚えています。

交際が始まってから1か月後、彼が私の実家に挨拶に来てくれて、我が故郷茨城のゆっくりと流れる時間や、父や兄・義姉と話が盛り上がり(私はこれが大きな要因だといまだに思っているのですが)、その翌日、大分“巻き”でプロポーズしてくれました。

本当はクリスマスにプロポーズして私のお誕生日に入籍を考えてくれていたという話も後日談として聞いたのですが、入籍の日取りは、彼のお誕生日の9月19日。

「9・19」で「クイック」だから“巻き婚”な私達にぴったりだし、『これからの人生、ずっと一緒なんだから、早く夫婦になろう』と決断してくれたようです。

外見からは想像出来ないほど、
私より女子力が高くて、私より繊細な旦那さま。

いつだって私の気持ちを優先してくれて、
結婚から約1カ月もの間『早く言いたい!』という気持ちを堪えてくれたことにも、感謝の気持ちでいっぱいです。

この場をお借りして・・・・ありがとう。

「友達」から「恋人」。

「恋人」から「旦那さま」へ。

スイッチが切り替わる瞬間て、こんなにもすべてがスムーズに進むのですね。

人生のステップを先に進んでいく友人たちを見送りながら「いつか私にもこんな時が訪れるのかしら?それとも・・・」なんて考えていましたが、私の場合は、とっても近い場所で大切な人が待っていてくれました。

この3か月で大分巻いてくれた旦那さま。

これからは、少しゆっくりしたペースで私達らしく歩いていこうと思います。

旦那さまと私、ネネ(猫)とムーちゃん(犬)の賑やかなブログになりますが、どうぞよろしくお願いします。

ウエディングフォトのお話 ~着物編~

これまたお話、遡ります。
そのくらい、ちゃんとブログを書いていなかった・・・ということね。

ギリギリ30代、39歳にして嫁に行けたわたくし。
当初、海外ウエディングを予定していたんのですが・・・・私が「絶対いここで式がしたい」と思っていた場所は、(今となっては)あのアメリカの大統領トランプさんとあの国の偉い方が先日会談を開いたシンガポールのカペラシンガポール(笑)
結婚するまでここ数年半年毎にシンガに行ってはカペラにステイしておりまして。
なんで?って・・・・
クジャクとの触れ合いが好きだから。
日本人があんまりいないから。
カペラのプールが大好き。
ホスピタリティにあふれているから。
という3つの理由。

結果的に、新婚旅行はシンガポールにしましたが「もうお互い大人ですし、誰ぞにお披露目せんでもいいでしょ」ということでウエディングフォトだけ撮影することに決定したのです。

撮影だけにしようと決定してから、撮影当日までの期間・・・実に1ヶ月。
短っ!
クイック!!
うん。それもまた私達らしいから良し!

というわけで、撮影するスタジオに着物の試着をしに行きました。
白無垢と色打掛1着を選ぶのに、まず最初、こんな格好からスタート。

そうか。
白無垢や色打掛の中身はこんなことになっていたのか・・・という真実(笑)

白無垢は、この2つから選ぶってことで、着てみました。
こっちは蝶々の柄。

こっちは鶴。
同じように見えて、全く重さが違うから驚き。
重かったけど、鶴の方が大人で素敵だったのですんなり後者の白無垢に決定。

続いて色打掛。
自分が着たい色と自分が似合う色は非なるもの!という頭で、とにかく気になったものを着させていただきました。

まずは青。
これは旦那の「青いいじゃーん」という声で。

どこぞの歌舞伎役者か、演歌歌手か、大奥なのか?という風合いになり断念(笑)

続いて、赤。
これは私の希望で。
「赤かクリーム色ベースがいいな~♪」ってなんとなく思っていたので。

赤の面積が多いと子供っぽくなることが判明。
「成人式か?七五三か?」という年齢不詳な状態に陥ったので、こちらも断念。

旦那様もう1着の押しの黒ベースを最後に。

しっくりきた。
やっとしっくりくるやつキタ。
黒がベースながら赤も入っているし鶴も飛んどるで!という訳で着た瞬間に即決。

今まで自分が結婚するイメトレなんてしてきたことがなかったので(笑)ドレスにしても着物にしても「コレじゃなきゃ嫌なの!」みたいなものが全くなくて、その分、着物はさくっと決めることが出来ました。

結果、撮影当日こんな素敵な写真に仕上げて頂きました。

私は洋髪で撮影しましたが、今は角隠しもまたトレンドみたいですよ~。

写真でもわかるでしょ。
鶴が立体的ですごく素敵な色打掛でした。

こんな感じで、着物は良かったのですが、大変だったのは・・・・ドレス選びの方ね。
迷子になりました(笑)
そのお話は、また別で。